府中市 シマナカクリーニング店です 集配 宅配 デリバリー ドライ ランドリー 丁寧な仕上げで安心 おすすめのお店です

clean

洗うことはクリーニングの基本

画像の説明

ドライクリーニングと水洗い

ドライクリーニングと水洗い(ランドリー)それぞれの特徴を活かしながら素材にあった方法を選択しています。
ドライクリーニングと水洗いの両方を行うWクリーニングをうたっているお店が多いですが、もともと必要に応じてどちらも行っていいます。
汚れたからクリーニング店をご利用いただいている。その当たり前のご要望に一所懸命お応えしたいと考えています。

ドライクリーニング

衣類についた汚れはおおまかに「水に溶ける汚れ」と「水に溶けない汚れ」に分けることができます。
このうち「水に溶けない汚れ」をドライクリーニング溶剤(有機溶剤)に溶かして汚れを除去する方法がドライクリーニングです。

「水に溶けない汚れ」には油脂、皮脂、機械油、化粧品、食用油、グリースなどがあります。
これらの汚れの中には、車のオイルや自転車のチェーンの汚れやドレッシングなどのようにいろいろ物質が混じり合っている汚れもあります。

ドライクリーニングでは、水洗いすると縮みや型くずれを起こしてしまうウールや絹、レーヨン、合成繊維などのデリケートな素材の衣料を型くずれや収縮、風合が変化しないように洗うことが出来ます。

家庭ではドライクリーニングは出来ません。
理由は、化学溶剤を使用する家庭用洗濯機は無いからです。
また、ベンジンなどでこすって局部的に汚れを落とすのもイメージとしてドライクリーニングに近いですが染み抜きが行われず、ベンジンに溶解する油などだけが溶けるために全体に輪しみになりかえってとれずらくなるのでオススメしません。

水洗い(ランドリー)

「水に溶ける汚れ」を専用の洗濯機で洗う方法がランドリー(水洗い)です。
「水に溶ける汚れ」として尿素、たん白質、アンモニア、糖類、でん粉や塩分などがあり身近なものとしては汗や尿があげられます。

衣類の種類ではワイシャツやポロシャツ、シーツなど直接肌につけて着るものなどを洗います。
家庭洗濯でも水と洗剤を用いて洗いますので、同じように思われることと思いますがクリーニング店では知識と経験に基づいて染み抜きや特殊な洗い方をすることにより家庭洗濯とは違う「汚れ落ち」を実現しています。

ワッシャー

一例ですが、クリーニング店で使用する洗剤には白さを増す蛍光剤は含まれていません。それは生成りのシャツなどは逆に真っ白になって風合いを損なってしまうからです。

そのときの洗う品物にあわせて毎回、洗剤液の調合をします。
ワイシャツにつけるノリも洗う量に合わせて調合しお客様のご要望に合わせてノリの効きを調節しています。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional